2012


「2012」という映画を観た。

去年公開の作品なのでいまさら感はある。

この作品は公開当時から気になっててDVDが出た時すぐに買ってそのまま放置してたわけ。
で、部屋の隅に放置してあったDVDがたまたま目に入ってあっそういやみてねーやってことで観た。

監督はローランド・エメリッヒ
インデペンデンス・デイとかデイアフタートゥモローの人。

ということは見なくても大体どんなストーリーかは想像できますよねw
地球に異変が起こり、主人公たちが逃げ惑うもなんとなく解決し最後は大統領が演説して終わりみたいなw

今回もそんな感じでしたね。
内容の簡単な解説
「2012年12月に世界が崩壊すると書かれたマヤ文明の終末説を元に、
世界中で発生した未曾有の天変地異に人類が呑み込まれていく様を描く。」

とりあえず2012年、地球に様々な天変地異が起こる。
大地震とかで地球のあちこちが崩壊しまくり逃げ惑う主人公たち。
最後はわずかな人数しか乗れない方舟で災害から身を守るって感じです。
要するにパニック映画である。

この映画の魅力というか見所はなんといってもCG
というかそれしか見所はない。 映像マニア向けである。
僕はストーリーよりも映像を重視してみる傾向があるのでこの映画も非常に楽しめました。

ほんとにCGがすごい。いまの時代の最高水準なんじゃないだろうか。
まるで実写のよう。それもLAが地震によって崩壊するシーンは鳥肌ものです。

しかし肝心のストーリーはお粗末なものである。
ありえないぐらいのご都合主義。 主人公たちは幾度となく訪れる危機を見事に回避していきますw
ここまでご都合主義だと逆にお笑い。
しかも監督がエメリッヒなので大体の結末は予想できてしまうからたいしてハラハラしない。

前半の地球崩壊から逃げ惑うあたりがこの映画のピークでしょう。
後半はこの災害からなんとか逃れようと政府が秘密裏に制作していたおおきな船が舞台になります。
なので後半からは普通の海洋パニック映画になります。

この方舟がひどいものである。国民に秘密にしていたのも最悪だが一部の政府関係者と科学者、
そして一部の大金持ちだけしか乗れないのである。一般市民は死ねということですよね。
この後半部分はどこかでみたような展開ばかりでダレてしまいます。
いくらなんでもアクシデント大杉だろと笑ってしまいますね。

最後はネタバレになるので書かないでおきますが大体は予想通りですw

しかしほんとにCGだけはすごい。
町の崩壊シーンだけならこの映画は最高です。
もうこれ以上のCGは無理なのでは?と思うほどのリアル。

評価できるのはこのCGとアメリカ万歳映画じゃなかったってとこでしょうかね。
大統領は相変わらずおいしいとこ持っていきますがw

ストーリーの矛盾だとかありえないって思っちゃうような人には全く向かない映画ですね。
とにかく頭空っぽにして娯楽映画を観たいって人にはおすすめ。

この監督はインデペンデンス・デイ以外いまいちな印象。
デイアフタートゥモローもあれ?もう終わったの?って感じで拍子抜けだったし
アメリカ版ゴジラなんて酷すぎて観たことを忘れたいぐらいだし。
スターゲイトなんかも前半のゲートくぐるまでがピークで後半はB級アクションw

派手な映像とあとはおまけ程度にストーリーがある作品ばかりだな。
といいつつこういうド派手なお馬鹿映画は大好きなので2012も最高でした。


2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2010/03/19)
キウェテル・イジョフォージョン・キューザック

商品詳細を見る



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://twilight80.blog35.fc2.com/tb.php/355-22b5be1a

«  | HOME |  »

プロフィール

ムギホ

Author:ムギホ
監視役ですから


カテゴリ

日記 (382)
けいおん!レビュー (29)
アニメレビュー (21)
映画レビュー (5)
プラモデル系 (2)
エロゲ (1)
未分類 (0)

最新コメント


最新トラックバック


リンク


巡回サイト様リンク


FC2カウンター


最新記事


月別アーカイブ


検索フォーム